セミナー・サロン

2017年4月26日(水)グランフロント大阪ナレッジサロンに、不肖!宮嶋こと報道カメラマン宮嶋茂樹先生をお招きし、「報道カメラマンと人間中心設計」と題してご講演いただきました。早めにご到着された宮嶋先生は、ご講演の開始時刻前にも関わらず、同じく早めに到着された聴講者の方々からの質問に気軽に応じておられました。とても貴重な時間となったのではないでしょうか。
ご講演は、先生が事件・災害・紛争現場などの極限状態において撮影された写真をスクリーンに映しながら、カメラや周辺機器の利用状況、使い方、それらのユーザビリティについてお話いただくというスタイルです。プロとしての道具に対する想い、良い写真を撮るための様々な工夫など、特にプロユースの製品デザインに携わる方には得るものが多かったのではないかと思います。
そして何より、宮嶋先生のプロとして仕事に取り組む姿勢というものが、聴講者の心に響いたものだと思います。HCD-Net関西支部では、今後もその道のプロの方のお話を聴ける機会を設けていきたいと思います。


イベント概要

事件・災害・紛争があるところ、イラク、コソボ、熊本・・・世界各地のどこへでも取材に向かう、報道カメラマン宮嶋茂樹氏の講演会を開催します。数多くのスクープ写真を世に送り出してこられた宮嶋氏が語る、カメラとの出会いから現在に至るまで。プロが語る極限状態でのカメラの使い勝手とは。その道を極めたプロの言葉は、モノづくりに携わるものへのヒントで溢れているに違いありません。貴重な機会ですので是非ご参加ください。

■日時:2017年4月26日(水)18:00~20:00(受付17:30~18:00)

■会場:ナレッジサロン プレゼンラウンジ
(大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル7F)
http://kc-i.jp/facilities/salon/

■定員:70名(先着順)

■参加費:
HCD-Net会員:2000円 /一般:2500円

■担当部門:関西支部

■対象となるコンピタンス:
A5.ユーザー体験の構想・提案能力
A8.製品・システム・サービスの要求仕様作成能力

プログラム

17:30~18:00:受付
18:00~20:00:ご講演 「報道カメラマンと人間中心設計」 (宮嶋 茂樹氏)

講師

宮嶋 茂樹氏
1961年(昭和36)明石市生まれ。日本大学藝術学部写真学科卒業後、講談社「フライデー」編集部所属カメラマンを経てフリーの報道カメラマンに。第3回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞写真賞。日藝賞第4回受賞。日本大学客員教授。


開催予定のセミナー・サロン

セミナー・サロンレポート

アーカイブ

動画チャンネル

一部の講演は動画チャンネルで見ることができます。

HCD-Netで人間中心設計を学ぶ

HCD-Net(人間中心設計推進機構)は、日本で唯一のHCDに特化した団体です。HCDに関する様々な知識や方法を適切に提供し、多くの人々が便利に快適に暮らせる社会づくりに貢献することを目指します。

HCDに関する教育活動として、講演会、セミナー、ワークショップの開催、 HCDやユーザビリティの学習に適した教科書・参考書の刊行などを行っています。