研究会

 

人間中心設計(HCD)やユーザビリティに関する専門の研究発表会として、第3回目となる「HCD研究発表会」を開催いたします。人間中心設計、ユーザビリティに関わる研究や

事例、提案などを幅広く募集いたします。これを機会に日頃の成果・取組みをご紹介ください。

 

開 催 要 領

■日 時:12月8日(木)

  場 所:文京区スカイホール(文京シビックセンター26階)

■参加費:HCD-Net会員 2000円 一般3000円

学生会員 無料 一般学生1000円

■主 催:特定非営利活動法人 人間中心設計推進機構

  共 催:特定非営利活動法人 ヒューマンインタフェース学会

 

■第2回 HCD研究発表会 予稿集

HCD研究発表会では、予稿集をパスワード付きのPDFで提供しています。参加申し込みをいただいた方に、別途メールでパスワードをお知らせいたしますので、以下よりダウンロードしてください。

 

2011HCD研究発表会予稿集最終稿修正版(PDF15MB)

12月5日現在の予稿集です。


■プログラム

【資格認定セッション】10:30 - 12:00

「認定人間中心設計専門家」2011年度資格認定に関する説明会 HCD-netでは、人間中心設計専門家の資格認定を行っております。 2011年度の資格認定に関する概要と申請書類の書き方などについて、 説明会を開催します。受験を予定されている方は、ぜひご参加ください。

 

【研究発表セッション】13:00~18:00

発表 13:00~15:45

「デザインパターンを活用したユーザーエクスペリエンスデザインのアプローチ」

山崎 和彦氏(千葉工業大学)

「意義展開パターンに基づくWebナビゲーションのためのリンクアイコン生成手法に関する検討」

梅景 晃平氏(関西大学)

「WARAIPRODUCTS 世界へ向けた笑いを誘発するプロダクトの研究」

亀井 隆昭氏(千葉工業大学)

(休憩14:15~14:30)

「高齢ユーザーを対象としたモバイル機器の使いやすさ改善に適したユーザー調査手法の提案」

上田 香織氏(千葉工業大学)

「観光サービスデザインにおけるエスノグラフィーと ペルソナ手法の有効性の検証」

日高 洋祐氏(慶應義塾大学)

「超簡易ユーザビリティチェック手法「UxDux Light」の開発」

清水 浩行氏(三菱総合研究所)

 

ポスター紹介セッション16:00-16:30

「協働によるデザイン案検討における ペーパーホワイトボードプロトタイピングに関する検討」

白澤 洋一氏(hcdvalue)

「文章理解に及ぼすメディアの影響-ブックリーダーと書籍」

柏崎 祐希氏(常磐大学)

「教材内容の検索に及ぼすメディアの影響:ブックリーダーを書籍」

荻沼 和図氏(常磐大学)

「UX白書の翻訳と概要」

佐々木 将之氏(hcdvalue)

「食品製造会社による災害後の支援活動に関する提案」

「女性向け防災用品の企画・提案」

飯塚 重善氏(神奈川大学)

「次世代の航空管制卓の提案」

平子 元氏(千葉工業大学)

「電車通学時間を利用して読書習慣を身につけるデザインの提案」

増澤 崇氏(産業技術大学大学院)

 

ポスターセッション(自由閲覧) 16:30~17:30

 

表彰式 17:30~17:40


 

■発表申込方法:発表申込みは終了しました。予稿受付中

■予稿締切り:   11月30日(水)

 予稿テンプレート:

Microsoft Word形式

 2011template.doc

 

■参加申込方法:
メールタイトルを「第3回HCD研究発表会参加希望」として、
以下の内容をhcdnet_registration@hcdnet.org までご連絡ください。
-------------------------------------------------------
氏名:
所属:
電話番号:
メールアドレス:
会員種別:正会員/賛助会員/学生会員/一般/一般学生
参加形態(お選びください):
①「資格認定セッション」のみに参加する
②「資格認定セッション」と「研究発表セッション」に参加する
③「研究発表セッション」のみに参加する
-------------------------------------------------------

 

今後の研究発表会の情報は順次HCD-netのホームページに掲載致します。

ご覧ください。


HCD-Net で人間中心設計を研究する

HCD-Net(人間中心設計推進機構)は、HCDやユーザビリティに関する学際的な知識を集め、それらを研究する方々への指導的役割を果たすべく活動しています。

HCD-NetにはHCDの研究者も数多く参画し、研究会の開催、機構誌の発行など、専門家による情報交換を活発に行っています。