2008年

研究会

  • HCDでは、ユーザーの総合的な体験をとらえるために、感性を考慮することが重要となっています。 近年は、「感性」や「感性価値」をどのようにとらえていくか、いろいろなアプローチや議論が検討されています。 は...

  • 建築の世界から始まったデザイン・パターンの考え方は ソフトウェア設計に活用されています。 このデザイン・パターンをユーザーインタフェース設計などHCDでの活用について、 UIデザインパターンの専門家である...

  • 日時 2008年4月24日(木)16:30-20:00 主催 人間中心設計推進機構 共催 ヒューマンインタフェース学会 ユーザビリティ専門研究会 場所 千葉工業大学 津田沼キャンパス 内容 「HCD-Netサロンの活動」 山崎和彦...

全 3 件中 1 - 3 件目を表示

HCD-Net で人間中心設計を研究する

HCD-Net(人間中心設計推進機構)は、HCDやユーザビリティに関する学際的な知識を集め、それらを研究する方々への指導的役割を果たすべく活動しています。

HCD-NetにはHCDの研究者も数多く参画し、研究会の開催、機構誌の発行など、専門家による情報交換を活発に行っています。