HCDコラム

2014年夏~2016年春に活動していたHCD-Net教育プログラムWGでは、その検討成果を「巻物2016」としてまとめました。


ファイルを開く

WGでは、WG参加の各組織での教育事例を収集し、それを踏まえて効果的なHCD教育・人材育成のありかたについて検討してきました。
「巻物2016」は、収集データより4つの初心者ペルソナを作成したうえで、各受講者が想定する「なりたい姿」と教育提供者が想定する「導きたい姿」を設定、そのギャップを埋めるための教育的施策案「アクションプラン」を検討し時系列に提示したロードマップ です。
長い用紙になり、作成過程ではいつも巻いて保管していたことから、愛着を持って巻物と呼んでいました。
HCDの啓発・教育活動をしていく上でのヒントが盛り込まれています。是非、ご活用ください。

「巻物2016」作成活動に関する参考資料
安, 佐藤, 西部, 小山, 飯尾, 和井田, "組織にHCDを浸透させるための教育的枠組み — 教育対象別アクションプランの評価と提案 —," 人間中心設計, Vol. 13, No. 1, (2017.3).(掲載予定)
安, 日野, 堀口, 源, 森山, 飯尾, "組織にHCDを浸透させるための教育的枠組み — 事例にもとづいた検討の報告 —," 人間中心設計, Vol. 12, No. 1, pp. 13-19, (2016.5).
飯尾, 安, 和井田, "HCDで教育デザイン," 情報処理学会 夏のプログラミング・シンポジウム2016「教育・学習」報告集, pp.51-56, 北海道 函館, (2016.9).
安, 佐藤, 西部, 小山, 飯尾, 和井田, "組織にHCDを浸透させるための教育的枠組み(第3報)- 教育対象別アクションプランの評価と提案 -," 人間中心設計推進機構 HCD研究発表会2016年春季, pp. 62-65, 東京 高輪, (2016.6).
安, 小山, 日野, 堀口, 源, 飯尾, 和井田, "組織にHCDを浸透させるための教育的枠組み(第2報)- 教育対象別アクションプランの検討 -," 人間中心設計推進機構 HCD研究発表会2015年冬季, pp. 32-35, 東京 高輪, (2015.12).
安, 日野, 堀口, 源, 森山, 飯尾, "組織にHCDを浸透させるための教育的枠組み - 事例にもとづいた検討の報告 -," 人間中心設計推進機構 HCD研究発表会2015年春季, pp. 22-27, 東京 高輪, (2015.5).


HCD-Netで人間中心設計を学ぶ

HCD-Net(人間中心設計推進機構)は、日本で唯一のHCDに特化した団体です。HCDに関する様々な知識や方法を適切に提供し、多くの人々が便利に快適に暮らせる社会づくりに貢献することを目指します。

HCDに関する教育活動として、講演会、セミナー、ワークショップの開催、 HCDやユーザビリティの学習に適した教科書・参考書の刊行などを行っています。