セミナー・サロン

概要

HCD-Net関西支部では、イノベーションを起こすには?を考える機会を設けました。イノベーションという言葉はいろいろな意味で用いられますが、本講座では「ウェアラブルデバイスが生み出す新しい価値の創造によって起こる社会の変化」と位置付けたいと思います。

ソールに約100個のLEDを内蔵した「光る」靴、スマートフットウェア「Orphe」を開発し起業に成功した菊川裕也氏より、開発時の苦労や起業に至るプロセス、そしてCES2018で発表した運動の記録に特化したスマートフットウェア「Orphe TRACK」の構想や、今後「Orphe」を通じてどのような社会になることを目指しているのかといった起業家の想いを存分に語っていただきます。企業の中で新しいことをやりたい人、まさに起業を考えている人にとって、 刺激やヒントをたくさん得られる時間になると思います。

そして、ご存じウェアラブルの伝道師 塚本教授からは、ウェアラブルデバイスが切り開く未来を語っていただきます。早い時期からウェアラブルデバイスを使い続けてこられたコアユーザーとしての観点、そして長きにわたりウェアラブルデバイスを研究をされてきた研究者としての観点から描かれる未来とはどのような社会なのか。ウェアラブルデバイスについて新しい視点を得られる機会になるでしょう。

また、塚本教授、菊川裕也氏によるパネルディスカッションを行いたいと思います。テーマは「イノベーションを起こすには?」企業家と研究者がかけ合わさることにより、想像を超えるアイディアが生まれるかもしれません。質疑の時間もありますので、参加者の方もぜひ混ざり合ってみてください。

■日時:2018年3月22日(木) 15:30 ~18:00

■会場:ヤフー株式会社 大阪グランフロントオフィス
(大阪市北区大深町4番20号 グランフロント大阪 タワーA 37F)

■協賛:ヤフー株式会社

■対象コンピタンス
A5. ユーザー体験の構想・提案能力
A6 .ユーザー要求仕様作成能力
A7. 新製品・新事業の企画提案力
A8. 製品・システム・サービスの要求仕様作成能力
A9. デザイン仕様作成能力
A11.プロトタイピング能力
B1. プロジェクト企画能力
B3. プロジェクト調整・推進能力

■参加費:
HCD-Net会員:3000円
一般:4000円
学生:1000円

プログラム

15:00- 受付開始

15:30-16:15 ご講演「Orpheのこれまでとこれから」
菊川裕也氏(株式会社no new folk studio 代表取締役)

16:15-17:00 ご講演「ウェアラブルデバイスが切り開く未来」
塚本昌彦氏(神戸大学大学院工学研究科教授)

17:00-17:10 休憩

17:10-17:40 パネルディスカッション「イノベーションを起こすには?」

17:40-17:55 質疑

18:00 終了

※19:00~同会場にてヤフー株式会社様主催のイベントが開催されます。合わせて参加をご検討ください。詳細が決まり次第、こちらで案内いたします。

参加申込方法

下記よりお申込みの上、参加費のお支払いをお願いいたします。
https://peatix.com/event/350185

【注意事項】
※賛助会員様は2名までは「HCD-Net賛助会員」種別にて参加可能です。3名以降の方は「一般」種別となりますので、予め2名様を社内にてご調整ください。登録される場合は正副代表者のお名前でご登録頂き、参加の方にpeatixチケット譲渡機能をご利用いただくか、当日、代理の旨を受付にてお申し出ください。

■領収書および請求書について
※請求書及び領収書の発行はお受付致しかねます。
※領収書が必要な方は、以下を参考にPeatixで発行される領収データをご利用ください。
http://help.peatix.com/customer/portal/articles/221024

■キャンセルについて
・キャンセル前提のお申込みはご遠慮願います。
・キャンセルにつきましては3月20日(火)17:00までにお申し出があった場合はキャンセル手続きを承ります。それ以降のキャンセルにつきましてはお受け出来かねますので、何卒ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。


開催予定のセミナー・サロン

セミナー・サロンレポート

アーカイブ

動画チャンネル

一部の講演は動画チャンネルで見ることができます。

HCD-Netで人間中心設計を学ぶ

HCD-Net(人間中心設計推進機構)は、日本で唯一のHCDに特化した団体です。HCDに関する様々な知識や方法を適切に提供し、多くの人々が便利に快適に暮らせる社会づくりに貢献することを目指します。

HCDに関する教育活動として、講演会、セミナー、ワークショップの開催、 HCDやユーザビリティの学習に適した教科書・参考書の刊行などを行っています。