セミナー・サロン

ビジネス事業支援部・利用品質メトリクス委員会では「現場で使える利用品質メトリクスの検討」「ユーザビリティを考慮した設計のできる技術者/専門家の育成」を重点方針として活動しており2日間のワークショップを開催します。目的は、「利用時の品質に対応したメトリクス(利用品質メトリクス)」について基礎的な知見を理解し、ワークショップを通じて、利用品質メトリクスの導出方法を体感することで、担当する業務での活用が期待できる利用品質メトリクスを導出できる知見を習得することになります。今年のワークショップも昨年に引き続き、空港のウェブサイトを題材に取り上る予定です。題材に関しては変更させていただく場合があります。製品・システム・サービス開発の上流段階で優れた利用時の品質を作り込む利用品質メトリクスを知る良い機会となりますので是非ご参加ください。皆様のご参加をお待ちしています。

※利用品質メトリクスとは品質をマネジメントするには、品質を測定できなければならない。「測定対象」「測定尺度」「基準」とで構成される指標を品質メトリクスと呼ぶ。

■日時:
11月21日(水)10:00~17:30(受付:9:30~)芝浦工大 801会議室
11月22日(木)10:00~17:00(受付:9:30~)芝浦工大 307会議室

■会場:
芝浦工業大学 芝浦キャンパス
(東京都港区芝浦3-9-14)
http://www.shibaura-it.ac.jp/access/shibaura.html

■プログラム:
実際のアプリケーションを題材に利用品質に関するメトリクスを導き出します。
(1)利用品質メトリクスとSQuaREの関係などワークショップの趣旨を理解する。
(2)アプリケーションを使いながらエキスパートレビューを行い問題点を抽出する。
(3)抽出した利用品質上の問題点から数値化のための属性を抽出し測定方法を検討する。
(4)測定対象の中から利用品質メトリクスの候補を選定し、測定する。
(5)測定結果をどう評価するか、また基準値をどのように設定するか検討する。

■定員:20名(先着順)

■参加資格:原則申し込んだ本人が全ワークショップにご参加ください。

■参加費:HCD-Net会員:25,000円 、一般:35,000円

■懇親会:11/21(水)に懇親会を行いますのでご都合のつく方はご予定ください。
参加費:4000円程度
※当日会費を徴収します。
※人数把握が必要なため、11月19日(月)までにお申し込みください。

■対象者:
・HCD専門家
・HCD/UXDの実践者
・HCD入門者
・IT・システム・製造業に携わる方
・WEB/アプリケーションの企画・開発に携わる方

■対象コンピタンス:
A8: 製品・システム・サービスの要求仕様作成能力
A9: デザイン仕様作成能力
A12: ユーザーによる評価実施能力
A13: 専門知識に基づく評価実施能力

■参考:
人間中心設計(HCD)コンピタンスマップ(HCD-Net)
https://www.hcdnet.org/media/001/201611/competence_map2016.pdf

■参加申込方法:
下記ページよりお申込みの上、参加費をお支払くださいます様よろしくお願いいたします。
ワークショップ参加申込み:https://peatix.com/event/451111
懇親会参加申込み:https://peatix.com/event/452756

※今回のお申込みはイベント管理サービスのPeatixを利用します。アカウント登録が必要となります。
※お支払いはATM/コンビニ/クレジットカードに対応しております。

■領収書・請求書について:
※領収書が必要な方は、Peatixで発行される領収データをご利用ください。

■キャンセルについて:
・キャンセル前提のお申込みはご遠慮願います。
・やむを得ずキャンセルが必要となった場合は、11/19(月)17:00までにお申し出があった場合はキャンセル手続きを承ります。それ以降のキャンセルおよび返金はお受け出来かねますので、何卒ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。
・キャンセル時の返金につきましては、Peatix Help「チケットをキャンセルしたい」をご参照ください。


セミナー・サロンレポート

アーカイブ

動画チャンネル

一部の講演は動画チャンネルで見ることができます。

HCD-Netで人間中心設計を学ぶ

HCD-Net(人間中心設計推進機構)は、日本で唯一のHCDに特化した団体です。HCDに関する様々な知識や方法を適切に提供し、多くの人々が便利に快適に暮らせる社会づくりに貢献することを目指します。

HCDに関する教育活動として、講演会、セミナー、ワークショップの開催、 HCDやユーザビリティの学習に適した教科書・参考書の刊行などを行っています。