セミナー・サロン

HCD-Netフォーラム2018の開催概要はこちら

HCD-Netフォーラム2018開催レポート【1日目:11月30日(金)】はこちら

   

『HCD-Netフォーラム2018』開催レポート2日目【12月1日(土)】

HCD-Netフォーラム2018(テーマ:あらためて「Human Centered Design」の意味を考える)を、11月30日、12月1日の2日間にわたり開催しました。200名の方が参加する盛況な会となりました。


■パラレルセッション
S1.『Web制作者のためのUXデザインをはじめる本』の 執筆メンバーと語る
“ペーパーHCDスペシャリスト”向け座談会


自身が関わる業務にHCDをうまく取り入れられていない、実はあまり活用できていないという方を対象にした方向けの座談会を開催。各人の抱えている課題共有から始まり、フィシュボール(金魚鉢)形式で出てきた課題に対して全員参加型の議論を進めました。はじめてこの形式を経験される方も多かったとは思いますが、積極的な参加・発言をいただき、参加者の方のみならず運営側にも大きな学びの機会となりました。


     


S2.ライトニングトーク&車座トーク  詳細レポートはこちら

このセッションでは、4人の登壇者のライトニングトークと、4つのテーブルに分かれて登壇者を囲んだ車座トークを行いました。
ライトニングトークでは、本フォーラムのテーマに沿って、いろいろな角度からのお話を提供いただきました。


その後の車座トークでは、HCD活動を一人でやっていて悩んでいる人のお悩み相談から始まるグループ、HCD導入の際の障壁について意見交換するグループなど、テーブルごとにいろいろなアプローチで話が盛り上がりました。


S3.実践者のためのキャリア計画ワークショップ    
~起業するような「気持ち」で、HCDをコアに将来の自分の活かし方を考える~


基調講演で登壇された竹田茂氏(『中年起業のすすめ』著者)をメンターに迎え、HCD実践家の皆さんのこれからを考えるワークショップを開催しました。

会社員も安泰とはいえない時代、ありうる未来に備えて自分をどう鍛えて準備するべきか。起業・副業・NPO・転職など、方向性ごとに分かれ、ファシリテーターとともに熱い議論が交わされました。中でも「起業」のテーブルでは竹田氏が加わり、参加者の個人的な悩みに直接アドバイス。豪華なテーブルになりました。



        

■2018年度冬季HCD研究発表会

口頭発表6件、ポスター発表17件が行われました。 ※開催概要はこちら


口頭発表から選出される優秀講演賞には、青木博信氏、後藤拓也氏らの「UXデザイン従事者のキャリアに関わる課題発見・解決(1)」が、ポスター発表から選出される優秀ポスター賞には伊藤英明氏、佐々木将之氏らの「UXデザイン従事者のキャリアに関わる課題発見・解決(2)」 が受賞しました。


          



セミナー・サロンレポート

アーカイブ

動画チャンネル

一部の講演は動画チャンネルで見ることができます。

HCD-Netで人間中心設計を学ぶ

HCD-Net(人間中心設計推進機構)は、日本で唯一のHCDに特化した団体です。HCDに関する様々な知識や方法を適切に提供し、多くの人々が便利に快適に暮らせる社会づくりに貢献することを目指します。

HCDに関する教育活動として、講演会、セミナー、ワークショップの開催、 HCDやユーザビリティの学習に適した教科書・参考書の刊行などを行っています。