セミナー・サロン

概要

人間中心設計の手法を学んでも、それを社内で実践しようとするとうまくいかないことがよくあると思います。本ワークショップでは、ペルソナやカスタマージャーニーマップなどのツールを用いた製品開発の実践方法を学びます。社内で発生する様々な阻害要因をどのように乗り越えていくのか? 参加者のみなさんでディスカッションしながら進めることで、ノウハウや気付きが得られる場にしたいと思います。実践者の方はぜひお集りください。

※2019/7/1に開催したワークショップの内容を再構成し、時間を延長したものとなります。
https://kansai20190701.peatix.com

■日時:2019年12月6日(金) 13:00~18:00

■会場:さくらインターネット
(大阪市北区大深町4番20号 グランフロント大阪タワーA 35)
https://kc-i.jp/facilities/business/knowledge-salon/

■主催:特定非営利活動法人 人間中心設計推進機構(HCD-Net) 関西支部

■定員:30名

■参加費:5,000円(会員)、6,000円(一般)

講師

水本 徹氏(みずもと とおる)
NPO法人 人間中心設計推進機構 副理事長・関西支部長
株式会社島津製作所 総合デザインセンター デザインユニット マネージャー

ゲームメーカーや医療機器メーカーなど幅広い業務分野で、人間中心設計を用いて顧客満足度の高い製品を開発した経験を活かし、現在は組織への人間中心設計プロセスの導入に注力している。人間中心設計やUXデザインに関する学会発表や講演も多数。和歌山大学 博士(工学)、人間中心設計推進機構 認定人間中心設計専門家、日本人間工学会 認定人間工学専門家。

プログラム

13時00分~18時00分
・UXデザインの基礎
UXとは
UXを向上する人間中心設計プロセスとは
・製品開発への導入(ワークショップ)
ペルソナ/カスタマージャーニーマップとは
インタビューシートの作成
ユーザー調査の実施
要求事項の優先順位付け(商品コンセプトの作成)
設計による解決案の作成
発表
・導入の阻害要因ディスカッション

※若干内容は変更になる可能性があります。

参加申込方法

以下よりお申し込みのうえ、参加費のお支払いをお願いいたします。
※イベント管理サービスPeatixへの登録が必要となります。
https://peatix.com/event/1366325/

注意事項

■領収書および請求書について:
※クレジットカードのご利用明細書、金融機関の払込受領書もしくは払込完了画面、Peatix発行の受領データをもって領収書に代えさせていただきます。
※Peatix発行の領収データについてはこちらをご参照ください↓。
http://help.peatix.com/customer/portal/articles/221024
※請求書の発行はお受付いたしかねます。

■キャンセルについて:
・キャンセル前提のお申込みはご遠慮願います。
・やむを得ずキャンセルが必要となった場合は、参加券は11/29(金)17:00までにお申し出があればキャンセル手続きを承ります。それ以降のキャンセルはお受け出来かねますので、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。
・キャンセル時の返金につきましては、Peatix Help「チケットをキャンセルしたい」をご参照ください。

■賛助会員の皆さまへ:
・2名まで「HCD-Net賛助会員」種別にて参加可能です。3名以降の方は「一般」種別となります。
・予め2名様を社内にてご調整をお願いします。3名を超えた場合は、再度お申し込み手続きを行っていただく場合がございますのでご了承をお願いいたします。

■PayPalをご利用される方へ:
PayPalから支払い承認のメールが届いても、その段階ではまだお申込みが完了しておりません。
PayPal決済画面でカード情報を登録後、注文確定画面に移動し、カナ名など必要項目に情報をご入力された上、 確定ボタンを押して注文確定となります。ご注文が確定するとPeatixからご登録のメールアドレス宛に『お申込み詳細』 のメールが自動配信されます。


セミナー・サロンレポート ※研究発表会は「研究会」ページをご覧ください

アーカイブ(すべてのセミナー・サロン開催概要)※研究発表会は「研究会」ページをご覧ください

動画チャンネル

一部の講演は動画チャンネルで見ることができます。

HCD-Netで人間中心設計を学ぶ

HCD-Net(人間中心設計推進機構)は、日本で唯一のHCDに特化した団体です。HCDに関する様々な知識や方法を適切に提供し、多くの人々が便利に快適に暮らせる社会づくりに貢献することを目指します。

HCDに関する教育活動として、講演会、セミナー、ワークショップの開催、 HCDやユーザビリティの学習に適した教科書・参考書の刊行などを行っています。