セミナー・サロン

第30回 HCD-Netサロンのテーマは「HCD活用事例とその効果」
 「HCD活用事例とその効果」をテーマに神戸でのイベントを企画しました。
HCDのアプローチや手法をどのように活用しているのか、多様な事例を紹介をしていただき、参加者でディスカッションを深める予定です。
皆様のお越しをお待ちしております。
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
■日時:2012年9月21日(金)17:00~19:30 (受付開始16:45)
■会場:デザイン・クリエイティブセンター  レンタルスペース301
<http://kiito.jp/>
阪急、JR、阪神線三宮駅より南へ徒歩20分
ポートライナー貿易センター駅より徒歩10分
 
■主催:HCD-Net
■参加費:会員:2,000円、一般:3,000円
      学生会員:1,000円、一般学生:2,000円
■定員:40名(先着順)
■プログラム概要
・「シスメックスにおけるHCD活動」、有吉 俊輔氏(シスメックス(株))
・「NECにおけるHCD活動」、河野 泉氏(日本電気(株))
・「シャープにおけるユーザー中心設計のための人材育成」、佃 五月氏(シャープ(株))
・「京セラにおけるHCDの活用事例」、渡辺 英範氏(京セラ(株))
・「エクスペリエンス・ビジョンと活用事例」、山崎 和彦氏(千葉工業大学)
 
※ 終了後、有志で懇親会を行います。(参加自由、参加費自己負担)
第30回 HCD-Netサロンでは、「HCD活用事例とその効果」をテーマに神戸(三宮)で開催します。
HCDのアプローチや手法をどのように活用しているのか、その効果はなど、多様な事例を紹介をしていただき、参加者でディスカッションを深める予定です。
今回は特に、NEC、京セラ、シャープ、シスメックスとピクセラの5つの企業のHCDの事例を一挙に聞く事ができる貴重なチャンスです。各企業がどのように工夫をしてHCDを活用しているのか学ぶことができまます。
また、書籍「エクスペリエンス・ビジョン: ユーザーを見つめてうれしい体験を企画するビジョン提案型デザイン手法」の著者の一人である山崎氏は、この本と事例を紹介します。
お申し込みを開始しました。皆様のお越しをお待ちしております。
 

 
■日時:9月21日(金)17:00~19:30 (受付開始16:45)
■会場:デザイン・クリエイティブセンター  レンタルスペース301
・阪急、JR、阪神線三宮駅より南へ徒歩20分、タクシー5分
・ポートライナー貿易センター駅より徒歩10分
 
■主催:HCD-Net
■参加費:会員:2,000円、一般:3,000円
      学生会員:1,000円、一般学生:2,000円
■定員:40名(先着順)
■プログラム
1「シスメックスにおけるHCD活動」有吉 俊輔氏
(シスメックス(株)商品開発グループ 係長)
2「NECにおけるHCD活動」河野 泉氏
(日本電気(株)デザイン戦略グループ マネージャー)
3「シャープにおけるユーザー中心設計のための人材育成」佃 五月氏
(シャープ(株)CS・環境推進本部商品審査センター 副参事)
4「京セラにおけるHCDの活用事例」渡辺 英範氏
(京セラ(株)通信機器関連事業本部 海外通信機器統括海外第3技術部ユーザビリティ部 部責任者)
5「ピクセラにおけるUIデザイン開発」山岸 智子氏
((株)ピクセラ製品開発本部 デザイン部 )
6「エクスペリエンス・ビジョンと事例」山崎 和彦氏
(千葉工業大学デザイン科学科 教授)
 
※ 終了後、有志で懇親会を行います。(要事前申込、参加費実費)
 
■参加申込
受付は終了いたしました。ありがとうございました。
--------------------------------------------------------------------------------

セミナー・サロンレポート

アーカイブ

動画チャンネル

一部の講演は動画チャンネルで見ることができます。

HCD-Netで人間中心設計を学ぶ

HCD-Net(人間中心設計推進機構)は、日本で唯一のHCDに特化した団体です。HCDに関する様々な知識や方法を適切に提供し、多くの人々が便利に快適に暮らせる社会づくりに貢献することを目指します。

HCDに関する教育活動として、講演会、セミナー、ワークショップの開催、 HCDやユーザビリティの学習に適した教科書・参考書の刊行などを行っています。