セミナー・サロン

10月の3連休の中日である7日(日)に「平成24年度におけるHCD-Net理事・評議員の研究発表再演」をテーマにHCD-Netセミナーin横浜が、新横浜にある横浜デジタルアーツ専門学校のセミナールームで開催されました。
01.jpg
当日は募集予定の60名をはるかに超えた方々にお集まりいただき、大変盛況なセミナーとなり、関係者一同大喜び。
発表は、今年の6月に札幌で行われた日本デザイン学会でHCD-Net理事や評議員の皆さんが発表された研究を、学会よりもゆったりした時間の中で聴くことが出来ました。   02.JPG
後半は9月に福岡で行われたヒューマンインタフェースシンポジウム2012での発表の再演が行われ、参加者より「一回のセミナーで二回分の学会発表が聴けるとは最高にお得!」との声が上がる。
また理事、評議員の発表は多岐に渡り3時間半近い時間をまったく飽きることなく、質疑応答も活発に行われた。    
03.JPG
また、会場の後部では専修大学の上平先生とJVCケンウッドの和井田さんがポスター発表を行い、1時間以上多くの方と意見を交換。
ビアバッシュ式の懇親会も盛況で、多くの方が本日発表された研究に対して議論を深められました。
お疲れさまでした。

HCD-Netセミナー in 横浜

平成24年度におけるHCD-Net理事・評議員の研究発表再演  平成24年度は日本デザイン学会が札幌で、ヒューマンインタフェース・シンポジウムが福岡でと、遠隔地でなかなか聴講することが出来なかった方が多かったと思われます。  HCD-Netの理事や評議員の方々が活発に研究発表をされておりましたので、折角ですからそれらをまとめて再演をしようと企画致しました。  学会の短い発表時間よりは少し長めに発表をお願いし、議論を深めたいと思います。

ご案内

■日時:10月7日(日)13:00~17:30
■会場:横浜デジタルアーツ専門学校3号館4階セミナールーム
 ・JR新幹線・横浜線 新横浜駅より徒歩10分
 ・横浜市営地下鉄 新横浜駅より徒歩7分
 ・http://yda.iwasaki.ac.jp/school/access.html
■主催:HCD-Net
■参加費:会員:2000円、一般:3000円
     学生会員:無料、一般学生1000円
■定員:60名(先着順)
■資料:HCD-Netセミナーin横浜 論文集 (PDF5.8MB、パスワードが必要です)

プログラム

12:30 受付開始
13:00 オープニング
13:10 
日本デザイン学会発表
 1)近藤 朗   サービス・デザインの方法論に関する考察(2)
 2)脇阪 善則・山崎和彦   ストーリーテリングとユーザエクスペリエンス
 3)水本 徹   論理的 GUI デザインのための BtoB 製品における利用状況の明確化
 4)浅野 智   ユーザーエクスペリエンスを検討するためのプロトタイピング手法
14:30 休憩
15:00 
ヒューマンインタフェース・シンポジウム発表
 1)山崎 和彦   ユーザーエクスペリエンスデザインのためのストーリテリングの活用の提案
 2)浅野 智   サービスイノベーションデザインをワークショップで学ぶ
 3)安藤 昌也   技術展示方法と研究者・技術者の閲覧行動の関係に関する研究
16:30 ポスターセッション(軽食・ビール付)
 1)上平 崇仁   視覚言語を応用したサービススケッチツールの開発
 2)和井田 理科   KA法とデザインパターン応用の試み
17:30 クロージング

※ 終了後、有志で懇親会を行います。定員30名(要事前申込・支払い、参加費3500円)

お申込方法

タイトルを「セミナーin横浜 参加希望」として以下の内容を
hcdnet_registration@hcdnet.org までご連絡ください。
-------------------------------------------------------
氏名:
所属:
電話番号:
メールアドレス:
会員種別:正会員/賛助会員/学生会員/一般/一般学生
懇親会:出席・欠席
------------------------------------------------------
請求書をご希望の場合は本文にその旨と、請求書のあて先と郵送先をご指定ください。
受付メールを事務局より返信いたします。
参加費の支払い方法の案内は受付メールに記載されています。
受付メールが2、3日(土日祝日を除く)で届かない場合は事務局にご連絡ください。


セミナー・サロンレポート

アーカイブ

動画チャンネル

一部の講演は動画チャンネルで見ることができます。

HCD-Netで人間中心設計を学ぶ

HCD-Net(人間中心設計推進機構)は、日本で唯一のHCDに特化した団体です。HCDに関する様々な知識や方法を適切に提供し、多くの人々が便利に快適に暮らせる社会づくりに貢献することを目指します。

HCDに関する教育活動として、講演会、セミナー、ワークショップの開催、 HCDやユーザビリティの学習に適した教科書・参考書の刊行などを行っています。