セミナー・サロン

第2回 HCD-Netサロン「これからのHCD」についてご案内します.


今回のサロンは,これからのHCDについて、多様な視点でディスカッションする場としたいと思います。
最初に、企業の開発プロセスへのHCD導入の経験が豊富なユーザビリティコンサルタントでありますナイジェル・べバン博士をお招きして規格化という視点での最新動向の話題を提供いただき、黒須理事長には人工物発達学という視点での話題提供をしていただきます。後半に、篠原氏、長谷川氏と山崎氏にも参加いただき、会場の参加者も含めて、これからのHCDについてディスカッションをしていきたいと思います。


皆様の参加をお待ちしています。(満席となりましたありがとうございます)

■日時:2010年 5月21日(金)18:30~20:50 (受付は18:15より)
■会場:東京ウィメンズプラザ(表参道駅より徒歩7分)

http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html

東京ウィメンズプラザ
http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html

■主催:HCD-Net
■参加費:

会員:2,000円、一般:3,000円、学生会員:1,000円、一般学生:2,000円

 ※参加費は事前振り込みをお願いします.(お申込みいただいた方にご案内)
■定員:40名(満席となりました。ありがとうございました)


■内容
18:30-19:30 「これからのHCD、規格という視点より」
・ナイジェル・べバン博士、Professional Usability Services

19:30-20:00 「これからのHCD、人工物発達学の視点より」
・黒須 正明氏、放送大学・教授
20:00-20:50 「これからのHCDについてのディスカッション」
・黒須 正明氏、放送大学・教授 (人工物発達学という視点より)
・篠原 稔和氏、ソシオメディア・代表 (DESIGN ITという視点より)
・長谷川敦士氏、コンセント・代表 (IAという視点より)
・山崎 和彦氏、千葉工大・教授 (デザインイノベーションという視点より)


 ※ 終了後,有志で懇親会を行います.(事前申込,参加費自己負担、4,000円程度)

■参加申込:

メールタイトルを「第2回HCD-Netサロン参加申込み」として

①氏名 ②所属 ③メールアドレス④会員区分(一般,一般学生,正会員,賛助会員,学生会員)

⑤懇親会の参加の有無、を本文に記入し,

hcdnet_registration@hcdnet.orgまでメールでお申込みください.

 

■ナイジェル・べバン博士の紹介

ナイジェル・べバン博士は、とても経験豊富なHCDやユーザビリティのコンサルタントです。元Serco Usability Serviceのリサーチマネージャーです。彼はヨーロッパにおいて、UCDを企業の開発プロセスへ導入するためのプロジェクトや、ユーザビリティ関連の資料を提供するユーザビリティネットというWebサイトのプロジェクトのマネージャーを担当していました。

また、彼はISO13407の規格化や、CIFの規格化などのプロジェクトに参画しています。また、ユーザビリティの世界的な組織であるUPAのディレクターでした。

 

 

 

 


セミナー・サロンレポート

アーカイブ

動画チャンネル

一部の講演は動画チャンネルで見ることができます。

HCD-Netで人間中心設計を学ぶ

HCD-Net(人間中心設計推進機構)は、日本で唯一のHCDに特化した団体です。HCDに関する様々な知識や方法を適切に提供し、多くの人々が便利に快適に暮らせる社会づくりに貢献することを目指します。

HCDに関する教育活動として、講演会、セミナー、ワークショップの開催、 HCDやユーザビリティの学習に適した教科書・参考書の刊行などを行っています。