セミナー・サロン

概要

利用品質メトリクスに関連した事例や知見などを共有する情報交換会です。学会発表や研究会での発表とは異なり、抄録やレジュメの提出は任意とし、発表形式、発表時間も自由なイベントです。
今回は3名の方に最近取り組まれたテーマに関して話題提供いただき、参加者のみなさんと一緒にディスカッションしたいと思います。興味深い実践事例や研究事例/成果をより深く、知ることができるよい機会ですので、お気軽にご参加ください。

■日時:2017年8月28日(月)16:00~18:00

■会場:芝浦工業大学芝浦キャンパス307教室

タイムスケジュール

15:30~16:00 受付

16:00~16:05 オープニング

16:05~16:40 話題提供1
「使い勝手を定量的に捉えることによるUX評価の改善手法~製品利用現場の実態に沿った問題分析・課題認識を容易にして製品改善を牽引~」(SQiPシンポジウム2016より)
宮下 直也氏(富士通株式会社)

16:40~17:10 話題提供2
「ユーザビリティダメージレベルガイドラインの定義と運用」(2016年度春季HCD研究発表会より)
渡辺 洋人氏(ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ(株))
佐山 雄史氏(ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社)

17:10~17:40 話題提供3
「おいしさの多面的理解に基づく食体験デザインの試み」
中島 康祐氏(三菱電機株式会社)

17:40~17:50 まとめと今後について

18:00~ 交流会(会費制:希望者のみ近くの居酒屋にて)

参加申込方法

メールタイトルを「談話会No2参加希望」として①お名前、②ご所属、③交流会参加有無を下記宛にご連絡ください。

利用品質メトリクス委員会委員・松田宛(hcd.metrics.sig@gmail.com)【8/24(木)締切】


開催予定のセミナー・サロン

セミナー・サロンレポート

アーカイブ

動画チャンネル

一部の講演は動画チャンネルで見ることができます。

HCD-Netで人間中心設計を学ぶ

HCD-Net(人間中心設計推進機構)は、日本で唯一のHCDに特化した団体です。HCDに関する様々な知識や方法を適切に提供し、多くの人々が便利に快適に暮らせる社会づくりに貢献することを目指します。

HCDに関する教育活動として、講演会、セミナー、ワークショップの開催、 HCDやユーザビリティの学習に適した教科書・参考書の刊行などを行っています。