HCD-Netからのお知らせ

この度HCD-Netでは、新しいワーキンググループ活動「HCD導入パターンWG」を開始することとなりました。HCD導入パターンWGとは、HCDの組織導入で起こりがちな問題・原因・解決方法を「パターン・ランゲージ」の手法を用いて可視化・共有・活用することを目的としたワーキンググループです。

つきましては、ワーキンググループに参加し「HCD導入パターン」の完成にご協力いただける方を広く募集いたします。参加ご希望の方は、下記URL(Googleフォーム)に必要事項を記入の上、フォーム送信していただけますようお願いします。

HCD導入でお悩みの方・HCD実務の後進育成や知識継承に関心のある方・パターン化による知識共有に興味のある方、ぜひワーキンググループにご参加ください。皆様の参加をお待ちしております。

○ 主催:特定非営利活動法人人間中心設計推進機構 ビジネス支援事業部


▼申込URL
https://goo.gl/forms/gLSdFT2X4hIxAgYJ3
○ 本フォームによる受付期間:2019.1.22〜2019.2.22迄
○ 現在検討中で後日参加を希望される場合は、メールでの申込も可能です。mailto:hiro29820292+hcdnetenq190122@gmail.com


▼パターンランゲージとは
パターンランゲージとは、建築家クリストファー・アレグザンダー氏が1977年に提唱した、暗黙知の可視化を目的とした知識記述手法です。日本では慶應義塾大学の伊庭教授が様々な分野へのパターン・ランゲージの応用を研究しその成果を発表しています。
○ ご参考:オフィス機器における顧客価値向上のためのうれしい体験パターン活⽤ガイド|JBMIA
https://gijutsu.jbmia.or.jp/ureshii_guide.pdf
○ ご参考:慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス(SFC) 井庭崇研究会ウェブサイトhttp://ilab.sfc.keio.ac.jp/


▼HCD導入パターンWG活動予定
○ 月1回定例会合
○ メーリングリストおよびChatworkによるオンライン活動
○ 活動期間1年間(最長3年間まで延長)
- パターンランゲージ勉強会
- 事例収集
- 分析
- パターン作成
- 完成(公開)
※ 詳細は決定次第メーリングリストにてご連絡いたします。