お知らせ

2016年度に情報処理推進機構(IPA/SEC)において、開発者/有識者などからなる「利用時品質検討ワーキンググループ(WG)」が設置され、ソフトウェア品質に関する国際規格であるSQuaREシリーズの「利用時の品質」(UX)をもとに、事例分析などを通じて「つながる世界の利用時の品質」のあるべき取り組み方の方向性と配慮すべき視点を示しました。

<参考>IPA/SEC発行
「つながる世界の利用時の品質~IoT時代の安全と使いやすさを実現する設計~」
http://www.ipa.go.jp/sec/reports/20170330.html

「つながる世界の開発指針(第2版)
https://www.ipa.go.jp/sec/reports/20170630.html

このWGと並行し、HCD-Netビジネス支援事業部を中心としたHCD専門家が独自の事例収集や詳細解説を加え、より現場で活用できるガイドとチェックポイントをまとめました。

利用者視点で「利用時の品質(UX)」を確保するために考えるべきガイドラインとそのチェックポイントに関して整理,解説することで、製品・システム・サービスを提供する立場の人が活用でき、HCD専門家が技術者と連携するためのツールとしても利用できることを目的とした解説書です。

<目次>
1.本書の目的
2.本書の対象範囲
(利用時の品質の必要性や利用品確保する開発プロセス説を解説)
3.利用時の品質の特性とその評価
(利用時の品質の特性とその評価の考え方を解説)
4.利用時の品質確保のための活用ガイドとチェックポイント
(各ガイドとチェックポイントを事例付で解説)

■価格:
1,000円(消費税込み)

■入手方法:
下記方法でNPO法人人間中心設計推進機構(HCD-Net)事務局( secretariat@hcdnet.org )までお申し込みください。代金の支払方法などをお知らせいたします。なお、PDF版のダウンロードのみになります。
メールタイトル:「利用時の品質活用ガイド購入希望」
メール内容:氏名、所属先名、メールアドレス