HCDコラム

HCDコラム

  • ショートコラム Vol.79- 90 新年最初の話題(美記 陽之介氏) (HCD-Net ニュースレター 2013年1月号 - Vol.79) 毎年、新年最初の話題はラスベガスのInternational CESからもたらされます。そこでは新しい夢のよ...

    更新日:

  • 古道に隠れるHCD(鱗原 晴彦氏) (HCD-Net ニュースレター 2013年1月号 - Vol.79) 事務局の鱗原です。日頃よりHCD-Netの活動をご支援いただきありがとうございます。今年最初のニュースレターにてご挨拶の機会...

    更新日:

  • HCDの重要カタカナ用語の表記ガイドライン2013 理事会ではこの度、HCDに関する重要用語のカタカナ表記について、HCD-Net内で統一して使用する標準用語をガイドライン化しました。HCDの重要用語のカタカナ表記につ...

    更新日:

  • あけましておめでとうございます(山崎 和彦氏) (HCD-Net ニュースレター 2012年1月号 - Vol.67) 千葉工大の山崎です。 今年も、どうぞよろしくお願いします。 企業におけるHCDやユーザエクスペリエンスデザイ...

    更新日:

  • ショートコラム Vol.55-66 モノへの執着心と捨てる根拠(黒須 正明氏) (HCD-Net ニュースレター 2011年1月号 - Vol.55) 僕はモノへの執着心が強い。子どもの頃は切手や絵はがきを集めていた。いわゆる収集癖な...

    更新日:

  • 母方の祖母は認知症であった(榊原 直樹氏) (HCD-Net ニュースレター 2010年8月号 - Vol.50) 盆暮れにしか会うことはなかったが、元気な時には随分と面倒をみてもらった。症状が出てからは施設で過ごすように...

    更新日:

  • 「ユーザー」や「ユーザビリティ」―HCD-Net理事会で決定した用語について   カタカナ用語のゆれ(注;ユーザとユーザーなど音引きの問題)が指摘されて久しい。2005年にテクニカルコミュニケーター協会が...

    更新日:

  • 1. 使う人の要求に応えるために、設計と評価を繰り返す HCD の進め方の基本は、製品の構想段階から対象ユーザーとその要求を明確にして、要求に合ったものを設計し、満足度合いを評価することです。ユーザーの要...

    更新日:

  • 1. モノ中心から、使う人間を中心にしたモノ作りへ これからはモノだけでなく、それを使う人間の要求に応えるために技術を生かさなければなりません。HCD では「人間」を中心にすえて、人間の要求に合わせること...

    更新日:

  • 1. 公の立場で産・官・学と連携し、新たな社会形成を推進 NPO 法人であるHCD-Net は、20 年近くHCD にたずさわってきた専門家の活動をベースに、産・官・学を横断的につなぐ役割を担っています。HCD-Net の活動...

    更新日:

HCD-Netで人間中心設計を学ぶ

HCD-Net(人間中心設計推進機構)は、日本で唯一のHCDに特化した団体です。HCDに関する様々な知識や方法を適切に提供し、多くの人々が便利に快適に暮らせる社会づくりに貢献することを目指します。

HCDに関する教育活動として、講演会、セミナー、ワークショップの開催、 HCDやユーザビリティの学習に適した教科書・参考書の刊行などを行っています。