セミナー・サロン


概要

 お待たせしました! 2020年、2021年とコロナ禍で中止になっていた「2泊3日で学ぶ、写真KJ法ワークショップ」ですが、今年は基本的な感染対策を徹底し、9/12(月), 13(火), 14(水)の3日間、青森県弘前市で開催いたします。

 みなさんの会社でも新規事業の立ち上げが喫緊の課題になっているのではないでしょうか? その際、どうやってアイデアを発想されているでしょうか? 問題提起をし、ユーザー調査を行い、時間をかけて調査結果を分析したにも関わらず、改善レベルのアイデアしか出なかった…といったことはないでしょうか? 創造的な問題解決を行うには、川喜田二郎先生が考案されたKJ法を用いると良いと言われています。

 川喜田二郎先生は、移動大学と名づけ長期間のキャンプ生活をしながらKJ法を学ぶ場を提供されていました。巷のワークショップで「よし、では、いまから30分で付箋をKJ法でまとめてください」などというシーンを見かけますが、あのようなものはKJ法ではありません。30分程度でできるのは単なる分類です。それでは、頭の中で既に出来上がっている枠に付箋を当てはめるだけになり、改善レベルのアイデア発想にとどまってしまいます。

 創造的なアイデア発想には「異質のデータを統合する」能力が必要になります。付箋が語りかけてきてデータが統合されていく様(己をむなしくして データをして語らしめる)を感じるには、とことん時間をかけてデータと向かい合わなければなりません。それにより初めて本質が見えてくるのです。それを体系化したものがKJ法です。

 本セミナーでは、移動大学で川喜田二郎先生よりKJ法を学ばれ、川喜田二郎先生と一緒にKJ法の書籍も執筆されました北陸先端科学技術大学院大学 名誉教授 國藤進先生と、長年、國藤進先生よりKJ法を学んでいる人間中心設計推進機構 副理事長 水本により、写真KJ法(言葉の代わりに写真を用いることで言語化できないデータも取り扱う)のワークショップを行います。2泊3日の合宿形式ですので、しっかりとデータと向き合い、本当のKJ法を学ぶことができます。

 今回のテーマですが、城下町で長い歴史のある石場旅館 石場館長、天然温泉ねぷたの湯スーパーホテル弘前 金輪支配人にご協力いただき、弘前市の観光業・宿泊業についての問題提起を行い、それを題材にして創造的問題解決能力を磨く場にできればと思っています。日本一の桜とりんごのまち弘前市にてフィールドワークを行い、そこで撮影した写真から、いったいどんな本質が見えてくるのか。KJ法の神髄をご体験ください。


■日時:2022年9月12日(月) 13:00~9月14日(水) 15:00 (会場受付開始:9月12日 12:30 ~ )
 ※東京や大阪などの多くのエリアから移動を含めて3日間で参加可能です。

■会場:HLS弘前
 ※アクセス:https://hls-hirosaki.com/about/access/
 ※現地集合・現地解散となります

■主催:特定非営利活動法人 人間中心設計推進機構 (HCD-Net) 関西支部

■定員:25名 ⇒増席しました(30名)(先着順)

■参加費(予定):HCD-Net正会員/賛助会員 33,000円程度、 一般 36,000円程度
 ※2泊分の宿泊費込みとなります
 ※調整中につき、若干変更になる可能性があります

■スケジュール
 9/12(月)
 12:30~13:00 HLS弘前 現地集合、参加者受付
 13:00~13:15 主催者挨拶・スケジュール説明
 13:15~13:45 チーム分け・参加者自己紹介
 13:45~14:30 特別講演「渾沌をして語らしめるKJ法を中核とするW型問題解決学」(國藤進先生)
 14:30~15:00 問題提起とフィールドワークのしかた(HCD-Net 水本)
 15:00~15:30 宿泊・観光課題について (石場旅館 石場館長、天然温泉ねぷたの湯スーパーホテル弘前 金輪支配人)
 15:30~   問題提起と探検計画立案(終了し次第、フィールドワークへ)

 9/13(火)
  朝~14:00 各チームフィールドワーク (14:00までに会場に到着し写真データを提出)
 14:00~15:00 分析方法の説明(その間にスタッフにより写真を印刷)
 14:00~   写真KJ法ワーク

 9/14(水) 
  朝~14:00 写真KJ法ワーク
 14:00~15:00 発表とご講評(國藤先生、地元関係者)

 ※タイムテーブルは変更になる可能性があります(開始、終了時間の変更はありません)

■講師
國藤 進
・北陸先端科学技術大学院大学 名誉教授
・1969年東工大制御工学科三年時に、川喜田二郎氏が創設した「黒姫移動大学」に参加。翌年開催の「伊良湖移動大学」には、リサーチグループとして参画。同時に川喜田二郎・牧島信一著「問題解決学 KJ法ワークブック」執筆の手伝いやKJ法トレーナーを歴任。
・東工大制御工学科修士卒後は、上記の本のご縁で、富士通㈱国際情報社会科学研究所(北川敏男所長)に入所。 滞在18年間の後半11年間は通産省の第五世代コンピュータ・プロジェクトに従事。ここでの活躍が認められ、1992年北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)情報科学研究科教授・情報科学センター長で転職。
・東工大で論文博士 博士(工学)。 専門はAI、知識ベースシステム、グループウェア、ミニ移動大学、知識創造論、イノベーションデザイン論。
水本 徹
・ゲームメーカーや医療機器メーカーなど幅広い業務分野で、人間中心設計やUXデザインを用いて顧客満足度の高い製品を開発した経験を活かし、現在は組織への人間中心設計プロセスやUXデザインの導入コンサルタントとして活躍中。人間中心設計やUXデザインに関する学会発表や講演も多数。
・和歌山大学 博士(工学)、人間中心設計推進機構 認定人間中心設計専門家、日本人間工学会 認定人間工学専門家、HCDベストプラクティスアウォード2016 最優秀賞。
・人間中心設計推進機構 副理事長/関西支部長、日本人間工学会 人間工学専門家認定機構幹事。

■対象HCDコンピタンス
A1.調査・評価設計能力
A2.ユーザー調査実施能力
A3.定性・定量データの分析能力
A4.現状のモデル化能力
A5.ユーザー体験の構想・提案能力
A6.ユーザー要求仕様作成能力
A7.製品・事業の企画提案力

参加申し込み方法

以下のURLからお申込みください。※Peatixのアカウント登録が必要です。
http://ptix.at/r4BODe

注意事項

■参加費とお支払い方法について
・参加費は、宿泊費込みでHCD-Net正会員/賛助会員33,000円、一般36,000円程度を見込んでおります。
・詳細調整中のため金額の確定ができず、0円の申し込みチケットとしております。
・お支払いは銀行振込となります(クレジットカード払い不可)。
・申込者には、詳細決定後メールにてお支払い方法をお知らせします。8月19日までにお支払いください。

■宿泊について
・参加費に、9/12(月)、9/13(火)の宿泊費(シングルルーム・朝食付)が含まれます。
・石場旅館、天然温泉ねぷたの湯スーパーホテル弘前への宿泊となります。
・宿泊先はチームごとに主催者側で振り分けます。

■領収書および請求書について
・必要な方には領収証を発行いたします。
・請求書の発行はお受付いたしかねます。

■キャンセルについて :
・キャンセル前提のお申込みはご遠慮願います。
・やむを得ずキャンセルが必要となった場合、8/19(金)23:59までにお申し出があった場合は手続きを承ります。それ以降のキャンセルにつきましてはお受け出来かねますので、何卒ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。

■賛助会員の皆さまへ:
・2名まで「HCD-Net賛助会員」種別にて参加可能です。
・予め2名様を社内にてご調整をお願いします。

■その他
・オンラインでの参加はできません。
・やむを得ず開催中止となる可能性もございますが、その場合は全額を返金いたします。


セミナー・サロンレポート ※研究発表会は「研究会」ページをご覧ください

アーカイブ(すべてのセミナー・サロン開催概要)※研究発表会は「研究会」ページをご覧ください

動画チャンネル

一部の講演は動画チャンネルで見ることができます。

HCD-Netで人間中心設計を学ぶ

HCD-Net(人間中心設計推進機構)は、日本で唯一のHCDに特化した団体です。HCDに関する様々な知識や方法を適切に提供し、多くの人々が便利に快適に暮らせる社会づくりに貢献することを目指します。

HCDに関する教育活動として、講演会、セミナー、ワークショップの開催、 HCDやユーザビリティの学習に適した教科書・参考書の刊行などを行っています。