セミナー・サロン


概要

HCDビジネスシンポジウムは、Society5.0が目指す「人間中心の社会」、DXレポート2.1が示す「顧客体験の創出/向上」を、デジタル産業界が具体的に推進できるようにするため、「人間中心デザインアプローチ(Human Centered Design 以下HCDと標記する)を広く普及、社会実装することを目的として、2022年より企画開催している産業界向けのイベントです。
近年、あらゆる分野でAIを活用した新しい価値提案が行われています。内閣府が掲げるSociety5.0 は、サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)と定義されており、AIを活用した価値提案においても人間中心設計の重要性は、一層高まるものと考えられます。このような背景から、3回目となる今回のシンポジウムでは、「人間中心のAI社会」~人とAIが協調するためのHCD ~と題したシンポジウムを開催いたします。
また、今回はHCD/UXD活動における共有価値の高いナレッジ・ノウハウを表彰する「HCD-Net AWARD 2023」を併催します。受賞者の方にはパネルディスカッションにもご参加いただき、皆様と共に今回のテーマについて議論していただきます。

■日時: 2024年3月8日(金)9:30~16:45 (9:00受付開始)

■開催方法: 会場およびオンライン(Zoom)でのハイブリッド方式 
※見逃し配信あり(期間限定)

■会場: 明電舎大崎会館 3F ホール(東京都品川区大崎2-5-35)
https://maps.app.goo.gl/DecNd9x9yYKi6HwYA

■定員: 会場200名、オンライン100名(先着順)

■参加費:
・HCD-Net正会員/賛助会員/後援団体会員(会場参加・オンライン参加とも):3,000円
・一般(会場参加・オンライン参加とも):4,000円
・懇親会(希望者のみ):5,500円

■参加申込方法:以下サイトよりお申し込みをお願いします。
※Peatixへの登録が必要です。(懇親会のお申し込みもコチラから)
https://peatix.com/event/3841278/

■お申込期限:
講演会:3月7日(木)正午
懇親会:3月1日(金)正午

■主催:HCD-Netビジネス支援事業部、広報社会化事業部

■後援:
・デジタル庁
・一社)日本人間工学会(JES)
・独)情報処理推進機構(IPA)
・一社)重要生活機器連携セキュリティ協議会(CCDS)
・M2M・IoT研究会
・一社)人間中心社会共創機構(HCS-CC)
・一社)情報サービス産業協会(JISA)
・一社)組込みシステム技術協会(JASA)
・一社)ディペンダビリティ技術推進協会(DEOS)

プログラム詳細

9:00:受付開始

9:30:開会の挨拶

                                                  


9:40:基調講演「人と機械とAIの協調安全を考える」

<講演者>中坊 嘉宏氏
(国立研究開発法人産業技術総合研究所 インダストリアルCPS研究センター)
 
<講演概要>従来の機械安全の枠を超え、人と機械とが協調する新しい安全についての標準化と現場への導入が進んでいる。そこでは近年急速に発展したAIについても積極的に活用し、機械が、より賢く人の行動をモニタし、適切に情報を提供し、人と協調することが求められる。一方、AIそのものの安全への応用についても検討が進んでおり、これらの動きをそれぞれお伝えするとともに、人間中心の機械やAIとの協調について、今後の展開を考える。

                                                  


10:40:特別講演「自動運転”地域モビリティ“の取組み事例からの考察~スマートシティをいかに実現するか~」

<講演者>金森 亮氏
(名古屋大学 未来社会創造機構モビリティ社会研究所)


<講演者>鱗原 晴彦氏
(自動運転“地域モビリティ”コンソーシアム/株式会社U’eyes Design)







<講演概要>各地の自治体が人口減少や高齢化率の上昇に伴う移動手段の確保という課題と向き合う中で、愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンではその解決策の一つとして「気軽に乗れる自動運転サービス(※1)」が提供され、また茨城県境町では、自動運転バスが地域住民に受け容れられ既に実用化されている。両自治体は、これらの取り組みにより次世代の街づくりに積極的に取り組んでいる好事例である。本講演では、高蔵寺ニュータウン・プロジェクトの「ゆっくり自動運転」に関わるサービス構築ユニットリーダーである名古屋大学金森教授と境町の自動運転“地域モビリティ”コンソーシアム(※2)の鱗原氏により、それぞれの事例を紹介しつつ、以下の観点から今後どのように取り組んでいくべきか、を対談形式で熱く語り合う。
・移動に関する課題
・実現している利便性
・今後への取組み
尚、本講演を通じ、Society5.0が目指している「人間中心の社会」を実現する手段として、HCD-Netが推進している「人間中心デザイン(Human Centered Design)」の有効性、社会実装に貢献できる可能性について併せて議論する。
※1:高蔵寺ニュータウン石尾台地区「ゆっくり自動運転」の実証実験
※2:自動運バスと地域住民とのリスクコミュニケーションをテーマに「外向けHMI」「スマートバス停」の社会実装に取り組む

                                                  

12:00 休憩(昼食)

                                                  

13:00 HCD-Net AWARD 2023
1)審査委員長挨拶
2)審査アドバイザー紹介
3)審査アドバイザーコメント
4)最終審査ノミネート作品紹介(7作品)
5)審査結果発表及び表彰状授与
6)受賞作講評&プレゼンテーション

                                                  


14:00 招待講演1「オムロンにおける未来志向経営とデザイン」

<講演者>諏訪 正樹氏
(オムロン サイニックエックス株式会社)

<講演概要>オムロンは、創業者である立石一真が1959年に制定した社憲「われわれの働きでわれわれの生活を向上しよりよい社会をつくりましょう」を求心力や発展の原動力とし、ソーシャルニーズの創造に挑戦し続け、世の先駆けとなるさまざまなイノベーションを生み出すことで成長してきました。その過程ではSINIC理論による未来志向の技術展望、それを踏まえた社会課題に対する技術的解決が継続的に行われてきました。今回の講演ではオムロンの歩んできた歴史を踏まえて、「人と機械(AI)の融和」を切り口にオムロン流のソリューション・デザインともいえるソーシャルニーズの創造の実践についてご紹介します。 

                                                  


14:50 招待講演2「仕事のAI:AIとDXを結ぶHCD」

<講演者>鈴木 剛氏
(株式会社リコー デジタル戦略部デジタル技術開発センター)

<講演概要>近年注目されているLLMなどのファウンデーションモデルに基づくAIは、事前に学習された表現に追加学習を行うことで様々な機能を開発することができる。リコーでは業界で流通するデータや業務データに基づいてこの追加学習を行い、且つAI支援を前提に業務プロセスを設計することでDXを実現する「仕事のAI」サービスを展開している。
本講演では仕事のAIサービスの設計の考え方、DXの実現におけるAIとHCDの役割について説明する。

                                                  


15:40 パネルディスカッション
<モデレーター>篠原 稔和氏
(HCD-Net理事長/豊橋技術科学大学 客員教授
 /ソシオメディア株式会社 代表取締役)





パネリスト1:中坊 嘉宏氏
パネリスト2:金森 亮氏
パネリスト3:鱗原 晴彦氏
パネリスト4:諏訪 正樹氏
パネリスト5:鈴木 剛氏
パネリスト6:HCD-Net AWARD 2023 受賞者

                                                  

16:45 閉会

                                                  

17:30 懇親会(希望者のみ ※Peatixにて申込みが必要)

注意事項等

■対象者:行政・公共サービスに携わる方、IT・システム・製造業に携わる方、HCD-Net会員全般

■参加者付与ポイント(認定資格保持者の方):
現地参加・オンライン参加(懇親会除く)2ポイント
※参加時間が短い場合など、上記ポイントを付与できない場合があります。
※見逃し配信の視聴のみの場合はポイント付与対象となりませんのでご注意ください。

■対象コンピタンス:
・A6 新製品・新事業の企画提案能力
・B1 プロジェクト企画能力
・B2 プロジェクト調整・推進能力
・ファシリテーション能力

参考:HCD専門資格コンピタンスマップ(2022年度)
https://drive.google.com/file/d/1infg-prjIcplr556fpGlFMY5DwJfppxe/view

【注意事項】
※当日の参加者確認の都合上、参加するご本人名義でご登録ください。見逃し配信の視聴用URLおよび最新JIS(PDF)の入手方法については、参加登録時のメールアドレス宛にてご案内します。

■領収書および請求書について:
※インボイス対応の領収書をご希望の場合は、申込フォーム上で領収書の宛名をご記入ください。イベント開催日前後にメールにて送ります。
※Peatix発行の領収データについては下記をご参照ください(Peatix発行の領収書はインボイスに対応していません)
http://help.peatix.com/customer/portal/articles/221024
※請求書の発行はお受付いたしかねます。

■キャンセルについて:
・キャンセル前提のお申込みはご遠慮願います。
・講演会につきましてはキャンセル期限「3月6日(水)17:00」までにお申し出があった場合のみキャンセル手続きを承ります。それ以降のキャンセルにつきましてはお受け出来かねますので、何卒ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。
・懇親会につきましては「3月1日(金)12:00」までにお申し出があった場合のみキャンセル手続きを承ります。それ以降のキャンセルにつきましてはお受け出来かねますので、何卒ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。
・キャンセル時の返金につきましては、Peatix Help「チケットをキャンセルしたい」をご参照ください。

■PayPalをご利用される方へ:
PayPalから支払い承認のメールが届いても、その段階ではまだお申込みが完了しておりません。
PayPal決済画面でカード情報を登録後、注文確定画面に移動し、カナ名など必要項目に情報をご入力された上、 確定ボタンを押して注文確定となります。ご注文が確定するとPeatixからご登録のメールアドレス宛に『お申込み詳細』 のメールが自動配信されます。

■賛助会員の皆さまへ:
・2名まで「HCD-Net賛助会員」種別にて参加可能です。3名以降の方は「一般」種別となります。
・予め2名様を社内にてご調整をお願いします。3名を超えた場合は、再度お申し込み手続きを行っていただく場合がございますのでご了承をお願いいたします。


セミナー・サロンレポート ※研究発表会は「研究会」ページをご覧ください

アーカイブ(すべてのセミナー・サロン開催概要)※研究発表会は「研究会」ページをご覧ください

動画チャンネル

一部の講演は動画チャンネルで見ることができます。

HCD-Netで人間中心設計を学ぶ

HCD-Net(人間中心設計推進機構)は、日本で唯一のHCDに特化した団体です。HCDに関する様々な知識や方法を適切に提供し、多くの人々が便利に快適に暮らせる社会づくりに貢献することを目指します。

HCDに関する教育活動として、講演会、セミナー、ワークショップの開催、 HCDやユーザビリティの学習に適した教科書・参考書の刊行などを行っています。