セミナー・サロン

セミナーin名古屋-3「プロダクトとサービスの融合による経験デザイン」

今回のHCD-Netセミナーin名古屋では、「プロダクトとサービスの融合による経験デザイン」と題して、経験工学(XE: Experience Engineering)の立場から、プロダクトとサービスの融合的デザインのアプローチについて、実習をまじえて学習していただきます。
現在、UX(User Experience)が話題になっていますが、講演者は、サービスについてUXと呼ぶことは不適切と考え*、それをRX(Recipient Experience)と呼び、UXとRXを統合的に扱う立場を経験工学(XE)として提唱しています。

まだ、試論の段階ではありますが、ISOのTC159/SC4/WG6の国内主査を担当してきた経験やUX白書の作成に関与してきた経験を元にしています。世界でも初めての試みですので、皆様方の積極的な参加をお待ちしております。

*注記 たとえば病院において、患者が医師や看護師を「使っている」というのも、学校において生徒や学生が教師を「使っている」というのも不適切です。レストランのウェイトレスを客が「使っている」というのも同様です。このようなサービス場面では、サービスを受容する、つまりreceiveすると言うべきで、その名詞形のrecipientを使ってRXと呼んでいる次第です。

■セミナーの趣旨:
セミナーでは、まずUXやXEの考え方を説明した後、XEにおけるプロセスモデルを説明します。そこでは、ユーザのニーズの把握と、その結果にもとづいたプロダクトとサービスの設計、その情報のユーザに対する提供、ユーザにおける期待や予測の形成、プロダクトの入手とそれに続く短期的利用および長期的利用(UX: User Experience)、さらに長期的利用におけるサービスの利用(RX: Recipient Experience)、そして廃棄とその後の印象形成、といった内容について、説明します。
また、ユーザ調査や経験評価の手法についても説明します。
ワークショップでは、ユーザから得られた情報にもとづいてどのようにしてプロダクト設計とサービス設計を連携的に行うかについて、試論にもとづき短時間の実習をしていただきます。

ご案内

■日時:2013年6月8日(土)13:30~18:00 (13:10 受付け開始)

■会場:愛知工業大学 自由が丘キャンパス 
http://www.ait.ac.jp/access/jiyugaoka.html

■参加費:HCD-Net会員: 3,000円(学生会員: 0円)、
一般: 5,000円、一般学生:1,000円

■定員:40名(先着順)

■懇親会:(18:30~20:00)希望者のみ
○地下鉄東山線本山駅周辺:場所未定
○懇親会参加費: 3,500円

■セミナー内容
・ユーザビリティからUXへ
・サービスへの展開とRXへ
・RXのプロセスモデルと、プロダクト設計とサービス設計の連携
・実習 ユーザ調査におけるポイント、連携設計におけるポイント、評価におけるポイント

■講師プロフィール:黒須 正明氏、放送大学情報コース、教授
http://user-engineering.net/masaaki/index.html
 1978年早稲田大学文学研究科博士課程で心理学を専攻。
日立製作所に入社、中央研究所で日本語入力方式やLISPプログラミング支援環境などのソフトウェアシステムの研究開発に従事。1988年同社デザイン研究所に移り、インタラクションデザイン、ユーザビリティ評価の研究に従事。1996年に静岡大学情報学部情報科学科教授として赴任、ユーザ工学の体系化を行う。2001年文部科学省メディア教育開発センター教授として赴任。現在は、放送大学教授。ユーザ工学の立場から経験工学(XE)、感性体験、人工物ライフサイクルなど、人間と人工物の適切な関係のあり方というテーマに取り組んでいる。
 学会活動として、APCHI98大会委員長、INTERACT2001大会長、ICHCD2009,2011大会長、IFIP/TC13委員会日本代表、ISO TC159/SC4/WG6委員、ISO TC159/SC7/WG6/CIF SG委員などをなどを歴任。現在は、NPO人間中心設計推進機構の理事長をつとめている。著訳書に「認知的インタフェース」「ヒューマンインタフェース」「ユーザ工学入門」「ISO13407がわかる本」「ユーザビリティテスティング」「ペーパープロトタイピング」「ユーザビリティハンドブック」等

■参加申込方法:
タイトルを「HCD-Netセミナーin名古屋-3」として
以下の内容をhcdnet_registration@hcdnet.org までご連絡ください。
-------------------------------------------------------
氏名:
所属:
電話番号:
メールアドレス:
会員種別: 賛助会員・正会員・学生会員・一般
懇親会: 参加します / 参加しません
---------------------------------------------------
請求書をご希望の場合は本文にその旨と、請求書のあて先と
郵送先をご指定ください。
受付メールを事務局より返信いたします。
参加費の支払い方法の案内は受付メールに記載されています。
受付メールが4、5日(土日祝日を除く)で届かない場合は
事務局にご連絡ください。


セミナー・サロンレポート

アーカイブ

動画チャンネル

一部の講演は動画チャンネルで見ることができます。

HCD-Netで人間中心設計を学ぶ

HCD-Net(人間中心設計推進機構)は、日本で唯一のHCDに特化した団体です。HCDに関する様々な知識や方法を適切に提供し、多くの人々が便利に快適に暮らせる社会づくりに貢献することを目指します。

HCDに関する教育活動として、講演会、セミナー、ワークショップの開催、 HCDやユーザビリティの学習に適した教科書・参考書の刊行などを行っています。